包茎手術 横浜市

相生23クリニックの包茎手術の特徴とは?

相生23クリニックの情報


・住所:神奈川県横浜市中区相生町1-3 モア・グランド関内ビル1F
・営業時間:10:00〜15:00/17:30?23:00(日曜・祝日は休業/木曜日は午後診療のみ)
・アクセス:みなとみらい線 日本大通り駅2番出口から徒歩7分

 

相生23クリニックへのアクセス方法

 

日本大通り駅2番出口を出てみなとみらい線沿いを左方向に進み最初の交差点(県庁前交差点)を左折します。

 

みなと大通り沿いを直進して右手の横浜市開港記念会館、カフェ リアン横浜店などを通り過ぎてさらに直進をして右手ほっともっと関内みなと大通り店を通り過ぎた角を右折します。

 

相生通り沿いを進み右手3つ目のビル(モア・グランド関内ビル)の1Fが相生23クリニックです。

 

 

相生23クリニックの医師情報
相生23クリニック院長 経歴

塩野裕

1997年 東京慈恵会医科大学を卒業
1997年4月 東京慈恵会医科大学大学附属病院で研修医
1999年 東京慈恵会医科大学附属病院泌尿器科勤務医として勤務
2006年 横浜市に相生23クリニックを開院

相生23クリニック院長である塩野裕先生は東京慈恵会医科大学を卒業後、同大学で泌尿器科専門の研修医、勤務医として勤務後、2006年に相生23クリニックを開院しました。日本泌尿器科学会専門医、日本泌尿器内視鏡学会会員などの顔を合わせもつ泌尿器科の専門医です。

 

相生クリニックの特徴

 

相生クリニックの特徴@「開院時間が長く時間の融通が利く」


相生23クリニックは、クリニック名の通り23時まで診察をしているので、時間の融通が利きやすく、忙しい人でも無理なく通うことができる点が特徴的です。

 

 

相生クリニックの特徴A「包茎手術の料金が一律」

 

大手の包茎クリニックでは、包茎の状態(仮性包茎なのか、真性包茎なのか)によって包茎手術の方法、料金が異なりますが、相生クリニックではどんな包茎の状態であっても治療費が一律であることが特徴的です。

 

包茎手術の治療費は合計15万円で 包茎手術の前の診察や、手術後のアフターケア、痛み止めの薬代などすべてを含んでいます。

 

会計は2回に分かれており包茎手術前のカウンセリング・診察時に1万円、包茎手術を受ける当日に14万円を支払います。カード払いにも対応しています。

 

相生クリニックの特徴B「自宅で問診表のプリントアウトが可能」


できるだけ早くカウンセリング・診察ができるように、自宅で問診表のプリントアウトが可能です。

 

必要事項、現状の包茎の状態などを事前に記入します。

 

相生クリニックでの包茎手術の流れ

 

最初に来院をして包茎手術がなのか、必要な場合は包茎手術の日にちを院長と相談します。

 

step1.初診

 

まず最初にカウンセリング・診察をしてどのように包茎手術を行うのかや 包茎手術を受ける日を決めます。

 

 

step2.包茎手術を受ける

 

包茎手術にかかる時間は45分〜1時間程度です。術後、数十分は待合室で安静に過ごします。 包茎手術を受けた当日は患部を濡らさないように気を付けます。次の日からはシャワーを浴びられるようになります。

 

 

step3.経過観察

 

包茎手術を受けた次の日と7日後に再来院をします。包帯の交換、傷跡の確認、傷跡の状態に応じて抜糸などを行います。

 

以上が相生23クリニックの主な特徴です。相生23クリニック以外にも横浜市には多くの包茎手術クリニックがあります。
その多くは横浜駅周辺に集中しています。

 

これから横浜市内で包茎手術を検討している方は、まずは横浜駅周辺の大手包茎クリニックから見てみてみることをおすすめします。